子供が嫌がる粉薬(特に抗生剤)を美味しく飲ませる方法

スポンサーリンク

幼稚園や小学校に行き始めて集団生活を送るようになると、子供は何かしら感染力のある病気にかかりますよね。溶連菌、ヘルパンギーナ、手足口病、ノロウイルス、インフルエンザ、りんご病、水ぼうそう、アデノウイルスetc。

今夏うちの子供たちは、溶連菌に感染しました。風邪は毎年ひきますし、熱中症にもなったことがあります(そのときは点滴だけで済みました)。

子供が小さいうちは錠剤ではなく、粉薬を処方されます。
その粉薬、大人が飲むように水で流し込んで嚥下…なぁんてことは子供にはまだ無理です。
だから色々工夫して、ヨーグルトに混ぜてみたり、アイスクリームに混ぜてみたり、リンゴジュースに混ぜてみたり、グレープジュースに混ぜてみたりして、子供が飲めるように大人は試行錯誤します。

drinkumauma
モデル:Lisa

しかし親の気持ちなんてお構いなし。
子供が飲み易いようにイチゴ味だったりバナナ味だったり甘い風味になっているはずなんですが、飲む前から嫌がってちっとも飲んでくれません。ホント困りますよね。

以下はうちが試して成功した、処方されたことのある抗生剤の飲ませ方を教えます。

追記(2017.7.20)

以下に記載の飲ませ方は、幼稚園年少くらいまでの分量で有効です。
体重の増加に伴い粉薬の量が増えてくるので、その際は、「子どもの苦手な粉薬は、袋オブラートを使えば楽に飲める!」を参照してください。

小児用細粒抗生物質の飲ませ方

フロモックス

薄いピンク色の小児用細粒で、セフェム系抗生物質です。
風邪のときにいつも処方されます。
イチゴ味。
これはバニラのアイスクリームに混ぜてあげると、子供は喜んで食べます。
友達のお宅では、ヨーグルトにイチゴジャムを足して、そこに混ぜているそうです。

× 乳酸菌、スポーツドリンク

ワイドシリン

濃いピンク色の小児用細粒で、ペニシリン系抗生物質です。
初めて溶連菌を発症したときに処方されました。
ミックスフルーツ味。
これはグレープジュースに混ぜてあげると、「ぶどうの味しかしない!」と言って喜んで飲みました。
時々子供の気分が変わってアップルジュースにも混ぜましたが、グレープの方が美味しいようです。
ちなみに果汁100%です。

× ヨーグルト、乳酸菌、スポーツドリンク

メイアクト

オレンジ色の小児用細粒で、セフェム系抗生物質です。
溶連菌が完治せずに再発したとき、ワイドシリンからメイアクトに切り替わりました。
バナナ味。
何に混ぜても「苦い!」「不味い!」と言うので、少量の水で溶き、一気飲みさせました。
一気飲みした後、口の中の苦味をなくすため、ご褒美アイス(不味い薬を頑張って飲んだご褒美)としてバニラのアイスクリームを食べさせました。そうしたら、頑張って飲んでくれましたよ。

× 乳酸菌、スポーツドリンク

クラリス

白色の小児用ドライシロップで、マクロライド系抗生物質です。
副鼻腔炎で耳鼻科にかかっていたときに、長期投薬治療で処方されました。
イチゴ味。
今まで飲んだどの薬より、苦味が強いように思います。
山盛りのバニラのアイスクリームに混ぜて、どうにか食べさせました。少量のアイスでは無理でした。

× ジュース、乳酸菌、スポーツドリンク

薬の味の好き嫌いは個人差があるので、同じように試したら絶対に飲めるとは限りませんが、参考になれば幸いです。
色々試してみてくださいね。
乳酸菌、スポーツドリンクは相性が悪いようです。気をつけてください。

(2017年3月18日追記)
もっと早くに更新しようと思っていましたが、遅くなってしまいました。すみません。
どうしても苦くて飲んでくれない粉薬を飲ませる良い方法を見つけました!
あの有名な商品を使うんです!

知っている人、とても多いと思いますけど…。
それは「おくすり飲めたね」という名前の、服薬用ゼリーです。龍角散が出しています。
イチゴ味、ピーチ味、ぶどう味、チョコレート味があります。
これは錠剤が苦手な子に最適というイメージでいたので、長男が小学生になり、粉薬から錠剤に切り替わったときに毎回使っていました。錠剤が苦手な子には本当に最適です。

で、昨年3月、次男がインフルエンザになって、タミフルドライシロップを処方されたときに次男が嫌がって薬を飲まなかったので、試しにチョコレート味の「おくすり飲めたね」を購入して使ってみたんです。(次男はチョコレートが好きなので)

この、「おくすり飲めたね」は、薬の味をゼリーで包んでわからなくしてしまう、という素晴らしいものです。なので、粉薬にも使えるのではないかと思い、試したところ、嫌がらずに飲んでくれたんです! これを開発した人、すごいですね! とても有り難いです!


    

↑ これがそのゼリーです。定価は378円。amazonで250円で売っていました。
商品詳細ページをご覧になりたい方は、画像をクリックしてくださいね。
左からイチゴ味、ぶどう味、ピーチ味、チョコレート味です。amazonにリンクしています。


まだこの服薬ゼリーをお子さんに試したことのない方は、一度試してみると良いですよ。
コツとしては、
①絶対に混ぜないこと。
②粉薬が隠れるように、ゼリーできちんと覆うこと。
③口に入れたらすぐ飲み込ませること。
この3点をおさえておけば大丈夫かと思います。

やり方としては、
①粉薬一回分が入っている薬の袋の端っこを小さく切り落とし、容器に搾り出したゼリーの上に、的を絞って一箇所に流し込みます。
②周囲のゼリーをティースプーンで掬って粉薬の上にかぶせ、粉薬をしっかり包みます。
③ティースプーンで子どもの口に運んでやり、口に入れたらすぐに飲み込ませます。
噛み砕いたり、舌でかき混ぜてしまうと、粉薬の味が出てきてしまうため、味わう前に飲み込ませてしまうのが重要かなと思います。説明して分かってくれる幼稚園児くらいの年齢なら、あまり失敗しないんじゃないかな。ちなみにうちの次男が年少のときに初めて使いましたが、上手くいきましたよ。お試しあれ。

スポンサーリンク

この記事をシェアしますか?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA