あなたの身バレ、大丈夫?① SNSの記事から個人情報がダダ漏れかも?

コミュニケーションツールとしてのSNSユーザーは、年々増えています。
スマホもどんどん普及してますからね。比例して増えていくんでしょう。
あなたはブログやってますか? Facebookは? mixiは?
どれも経験の無い方は、本当に稀な時代となってきました。

親しいリア友や、親しいネッ友、誰かと繋がっていて、打てば響くようにコメントが届く。
SNSって楽しいですよね。(私は面倒臭くなってやめましたけど。笑)
でも、ネットの怖さも少しは知っておいた方がいいです。
無防備な人がどれほど多いことか。

先ず、聞きます。顔写真を掲載していますか?
もし商売に直結するツールとして利用している場合には、顔写真は「信頼」を得るための有効アイテムとなります。オンラインの世界は匿名性が高いため、運営者の本名+顔写真を掲載することは、信用度に繋がってくると言えるんですね。
でもプライベートの日記みたいな使い方をしていて、顔を出している人もいますよね。
不特定多数に晒すということは…
「この人、ちょっと綺麗かも」「タイプかも」と思う異性も出てくる可能性があるわけです。まあ確率として、1%だったとしても(笑)
「私はもう若くないから大丈夫」「私そんなに美人じゃないし」って思ってます?
人の好みはそれぞれですよね。それこそ十人十色。だってほら、あなたの周りに、「あの人よく結婚できたなぁ」っていう外見の人いるでしょう?

では、本名はどうでしょうか?
ハンドルネームではなく、本名で登録していますか?
Facebookは基本的に本名を使いますよね。あなたの本名で検索をかけたら、簡単に見つかるってことでしょうか。
私の友人は偽名で登録しています。なぜかと言うと、ネットストーカーに遭ったから。

記事の公開範囲は、どうなっていますか?
誰でも見ることができて、読者登録・友達登録Welcome! な状態でしょうか?
閲覧数増やしたいですよね~。私も増やしたいですもん(笑)
ネット上でたくさんの人と知り合って、いろんな情報交換をしたり、コメントのやりとりをして親交を深めていくと、毎日が楽しくて充実した気持ちになれますよね。

さて、次は記事のチェックをしてみましょうか。
普段はどんなことを書いていますか?
「今日、友人の○○と、△△でランチしました!」
「近所に△△っていう新しいお店ができたので、行ってみました!」
「△△というネイルサロン、とても良いですよ! おすすめ!」
「私、毎朝の日課で、△△の辺りをジョギングしているんです」
「とうとう新車を買いました! 次の車は××です!」
「今日は○○ちゃんと△△駅で待ち合わせ。地下鉄に乗り遅れて大遅刻(汗)」
みたいなこと、書いたことありますか?

ローカルの友達が多い方は、ローカルな話題をついついしがち。
お店の名前を検索したら、お店の住所が分かりますね。
地名を出したら、行動範囲が分かりますね。
日課を書いたら、行動パターンが分かりますね。
友人の名前を書いたら、交友関係が分かりますね。
乗っている車が分かったり、そこから世帯年収の推測ができたり、あ、顔写真も出してましたっけ? あれあれ、本名まで出してる?

全国webカウンセリング協議会の安川雅史理事長は「ネット上に一度公開された個人情報は簡単に消せない。不特定の人が読むサイトには住所や連絡先は書き込まず、個人情報を含む時は公開範囲を『友人』に制限するなど自衛策も大切だ」と話している。(日本経済新聞の記事より)

そうやって、少しずつ少しずつ出している情報を纏めていくと…
あなたがどの辺りに住んでいて、どんなことに興味があって、誰と親しくしていて、どんな車で、どんなお店にやって来る誰なのか…。

分かっちゃった。

ということがないように、お気を付けください。
多分みんな言うんです。

「まさか私がネットストーカー被害に遭うなんて思わなくて…」

ちなみに、被害に遭った私の友人は、30代後半です。顔写真を載せていました。

↓ 後で記事を読み直せます。Pocketに保存しますか?